廃車買取りの知識

廃車買取について

もし今まで愛用してきた自動車がもう乗れなくなって、廃車になったとします。こういった場合は、新しい車を考える前に廃車をどうにか処分しなくてはなりません。「でも廃車なんて初めてだし、要領なんてわからない」といったところが、これから廃車する初心者の悩みではないでしょうか。新しい車を購入する時にも基準があるように、廃車を処分したり買取する時にも基準があるのです。

 

それでは、廃車買取ではどういったところに視点を置いているのでしょうか。
廃車買取する時というのは、廃車のそれぞれの各部品が国内だけではなく国内以外でも必要とされていて需要があると見込まれた場合です。国内以外へ輸出する事は、一般的に「輸出抹消」と呼ばれています。この輸出抹消を含めて、廃車の手続きに関しては基本的には「永久抹消」が行われております。すなわちこの手続きが行われる事で、廃車した後に間違って自動車の納税通知書がポストに入っている等という事態を防ぐ事ができる訳なのです。
しかし、ここで注意しておきたい点があります。よく耳にすることが多い自動車買取と廃車買取とでは、少しその意味合いが違ってくる、という事です。

 

それでは具体的にどういった点が違ってくるのでしょうか。
「自動車の買取」という点においては、自動車買取と廃車買取は共通の意味合いを持っています。ですが自動車買取の場合は、中古車を再販する目的で中古車相場で買取を行った時にまだ車検が残っている場合はそのまま転売していく流れの為に税金の還付は受けられない事になっているのです。これに対して廃車買取の場合は、これから廃車する車両に車検がまだ残っている場合でも重量税・自動車税・自賠責を全般的に還付を受ける事ができるのです。つまり廃車買取は、排気量や車両重量で変わってくる、というものなのです。

 

車の一括査定

 

廃車とは、ただ単に自動車をスクラップ処理すれば済むというものではなく、一時的な抹消をする輸出抹消や永久抹消も重要な事なのです。
奥の深い廃車買取について、色々と知っていきましょう。