廃車の自動車税

廃車の自動車税について

廃車の買取の時に、知られているようで意外と知られていないものが「自動車税」でしょうか。それではここで廃車をする時の自動車税について、お答えしていきたいと思います。

 

数年間自動車税を滞納している自動車は廃車にできるでしょうかという質問に、業者は実は質の悪い自動車税の滞納といった例の時は自動車税事務所より差し押さえがされている場合は廃車にする事はできない、という決まりになっています。管轄の自動車税事務所に問合せを行い、状況を判断して貰う必要があります。ただ約1年から数ヶ月といったそれほど長くはない期間の自動車税の滞納であれば、まず先に廃車の手続きを行う事が可能となってくる事もありますよ、と答えています。

 

自動車税を払っていない場合でも引取りは可能でしょうかという質問に、業者は結論からいうと可能です。運輸支局での廃車の手続きは、自動車税を未納している時でも行う事はできます。しかし廃車の手続きを済ませた後も未納分の自動車税を支払う義務が無くなった、という訳ではありませんのでご注意を。他にも前の年度の自動車税が未納となってきますと、税務署から運輸支局での手続きが差し止めになっている場合もありますので、その時はお取引の内容が変更されてくる事があります、と答えています。

 

所有者と連絡がつかず所有者に自動車税がかかり続けている場合はどうすればいいでしょうかという質問には、業者は「自動車を処分した」と証明できるものさえあれば自動車税を止める事ができますよ、と答えています。