廃車の重量税

廃車の重量税について

廃車を買取る時には、重量税というものもかかってくるものです。それでは、この重量税とは、一体どのようなものなのでしょうか。

 

車両の重量ごとに納付する金額が予め決められている税が、重量税です。事業用の車両は1年に1回・一般の車両は2年に1回の割合で、車検の時等に支払う義務があります。

 

また重量税には、車両重量税と呼ばれている車両重量毎に納付する金額が決められている税金があります。この車両重量税に関しては、基本的には大きければ大きい車両ほど車両受重量税を納付する金額は高くなっていきます。車両重量税で1番安いとされているのは、地位台車と呼ばれている車両が一般的といわれています。

 

また、廃車の時にかかってくる自動車税と重量税の異なるところについても、ここで明確にしておきましょう。自動車税は、毎年1年間に1回の支払い義務が発生してきます。自動車税にかかってくる納付する金額は、排気量毎に分けられている事が一般的とされています。自動車税で気を付けておきたいところはもし滞納してしまった場合にはもれなく延滞料金が発生してしまいますので、余分なお金を払いたくなければなんとしても脳期限内に納付しておきましょう。

 

但し廃車にする場合は、廃車した次の月以降の自動車税を納付する義務はありません。これに対して、重量税は車両の重量毎に納付する金額が異なってきます。軽自動車等のコンパクトカーは、大きな車両に比べると重量税は安くなっていきます。ここが、自動車税と重量税の異なるところです。