廃車買取りの流れ

廃車買取りの流れ

これから愛車を手放そうと廃車の買取の手続きを行う時の流れについてじは、案外知られていない事は多いのではないでしょうか。そこでここでは、廃車を買取る時の流れについて、説明していく事にしましょう。

 

実は廃車買取の手続きは、自動車を解体しただけでは廃車にはなりません。主に、次の2つの手続きが必要とされています。

 

1つ目は、乗らなくなった自動車を一時的に廃車にしてしまう「一時抹消登録」です。乗らなくなった自動車にかかってしまう税金がかからなくて済むようになる手続きをいいます。ただ、この一時抹消登録は思いのほか手続きが面倒という側面がある為、事と次第によっては登録をしない方が賢明、という場合もあります。

 

2つ目は、乗らなくなった自動車を解体し、陸運局に対して廃車の手続きを永久的に行う「永久抹消登録」です。
ここでいう自動車の解体とは、工場等でこれから廃車する自動車のパーツの再利用を目的として潰したりスクラップ処理等を行います。自動車は、約3万点以上の部品から作られていますので、鉄は貴重な再資源として国内や海外でも積極的に再生利用されていきます。

 

日本製の自動車は、その世界でも有数の技術力の高さから、海外では特に需要があるとされています。特にアジア圏では、信じられないくらいの高値で買取をする事もあります。

 

電話1本で廃車買取業者に問い合せするだけで、その場での査定も可能です。買取った廃車の料金の支払いは、振込手数料を差し引いた金額をお客様指定の口座に振り込みます。